元気毎日のパワー

元気毎日のパワー

難しい家計管理をはじめて5年

私たち夫婦は結婚してから6年目になりますが、。結婚当初から家計の管理は、妻である私が行っています。私はそれまではあったらあっただけお金を使ってしまう浪費家で、。
貯金もほとんどなく、家計管理には向いていませんでした
結婚してからも夫婦で働いていたので、生活に困ることもなく、。毎月決まった金額を貯金するわけでもなく、外食も月に何度もしていたり、。
はっきりいって管理なんてできていませんでした。結婚2年目で子供が生まれ、専業主婦になってから本格的な家計管理を始めました。それまで家のお金の流れを把握できていなかったので、1か月にいくらお金が出ているとか、。生活費がいくらかかっているかを把握することから始めました。月にいくらあれば生活できるのか、子供の貯金も用意しなければならなくなって初めてやる気になり、。
少しずつ予算ないでやりくりできる月も出てきました。料理も今までよりたくさん覚えて外食を減らし、できるだけ家で食事をするように心がけました。
それから今までは洋服や自分の身の回りのものは、欲しいと思ったらすぐに買っていましたが、。
子供がうまれてから、買う前に何度も検討するようになったり、。似たようなものでもっと安いものを探したりと、1つ1つのものの値段にこだわるようになりました。
やりくりで大変なことは、家計を把握しきっていないうちに家を購入し、。ローンを組んでしまったり、車のローンを組んでしまったり、夫の給料に対して月の固定費が多いことです。
それはもう仕方のないことなので、ある範囲のお金でやりくりできるように努力しています。数年して夫の給料も上がってきたところで、子供の幼稚園が始まり、結局貯金には回せないでいますが、。それでも誰かにお金を借りたりすることもなく、日常生活を送れているし、。いろいろな親戚関係の法事などのお金もきちんと用意できています。
これから二人の子供が幼稚園へ通い始めるというさらなる試練が待っていますが、。
今まで以上に切り詰めてしっかりと家計管理をしていきたいと思います。
地方移住支援で住宅ローン優遇へ 住宅金融支援機構
人口が減っている地方への移住をあと押ししようと、住宅金融支援機構は地方で家を買った場合などに住宅ローン「フラット35」の金利を0.25%引き下げる優遇措置を始めます。 続きを読む. これは人口減少が続く地方への移住やUターンを促そうというもので、住宅金融支援 (続きを読む)